のびしろのながさ

ビアンである私の日常
<< BBQ | main | その正体は! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
勇気をたくさんもらいました
 自分自身のセクシャリティーに悩んだのは10代後半でした。
私は1980年生まれなのでちょうど20世紀末。
パソコンが一家に一台普及しはじめて、それと同時にインターネットも普及し始めた時でした。

親の目を盗んでこっそり「レズ」だとか「同性愛」だとかドキドキしながら検索したのは私だけじゃないはず。
ブログなんてまだなくて、ホームページが主流だったあの頃。
ホントに数々のサイトにお世話になりました。
とはいっても、まだ全然サイトの数がなかったなあ。

一つのサイトといってもすごく盛りだくさんで、一個人が掲示板(普通の〜悩み相談、出会いまで様々)の管理やチャットの管理までしてて、さらに日記もあったり、用語集があったりしました。
今考えるとよく管理してたなあと感心します。

そんな当時のホームページをコソコソ見ながら、「そうなの!私はこういうのに出会いたかったの!」と涙をながしたものです。

もう10年くらい前の事なんですが、私が勇気をもらったサイトを紹介します。
いずれももうとっくに閉鎖されてしまいました。
管理人さんに無断で今更紹介するのもどうなんかなあって思いましたが、大分昔なのでね。
いいかな。なんて。

一つ目は「Cross road」というサイト。
ここにはホントお世話になりました。
FTMだとか、ネコだとかタチだとかの用語はここで学びました。
彼女に告白してみてもいいものかという相談を掲示板でしましたw
すごく面倒みてくれました。
日本全国色々な方々が見ていて、掲示板やチャットは連日大にぎわい。
一度オフ会に参加させてもらって、私は一番最年少だったんですけど、気を使ってくれました(笑)。
管理人さんは穏やかで包容力のあるカンジ。みんなから慕われてるんだなあっていうのが伝わってきました。
アットホームであったかいサイト。

もう一つは「ODO」(女の子だけど女の子)だったけかな?
ほぼ毎日日記を更新していて、それがすごく面白くて、毎日読むのが楽しみでした。
住んでいる所や年齢が一緒だったせいか、すごく共感しました。
彼女さんとの毎日のやりとり、別れ、新しい出会い。
ありのままを素直に、率直に書いてあって、時には涙して読んでました。
ここの管理人さんとも一度お会いした事があります。
お互い彼女連れで会いました。
カップルデート自体初めてで、しかも自分の彼女を紹介するっていうのがまた初めての経験で、妙にくすぐったかったのを覚えています。
街の中をしっかり手をつないで仲良く歩く二人。
すごくキラキラしてました。

最後に、これはブログなんですが「弟であり、嫁であり」。
同じ時期にブログをはじめた仲間でした(のびしろがまだライブドアだったころです)。
多分、ご存知の方もいるかもしれません。
ビアンではなくゲイの方です。
文章がすごく上手で、日記なんだけどまるで小説を読んでるかのようでした。
お互い仲良くなって、メールでよくやりとりをしてました。
そんな中、「ウチらは双子か!?」ってくらい好きな本だとか曲なんかが一緒で、「こんなん誰も知らないよね?」なんて本を「俺、それこの間一目惚れして買ったんだけど!」みたいなことがよくあり、話がすごくもりあがりました。
しかしブログはある理由ですごく短い期間で終わってしまいました。
ブログが閉鎖されて大分経ちますが、彼の事を時々思い出します。
思い出すとすごく切なく、苦しくなってしまいます。





一度ブログを閉鎖した私が言うのもなんですが。。。。

ブログやサイトって、閉鎖してしまうと本当に消えてしまうんですよね。
なんだかそれがすごく寂しい。
本当にそのサイトが存在してたかも分からなくて。
その人とのつながりも消えてしまって。
それがネットというものなんだろうけれど。
っていうかネットのルールなのかもしれないけど。
なんだかそれって、すごく寂しいなあと。
「こんな素敵な人がいるんだよ。私に勇気をくれたんだよ。」
って、存在くらいは誰かがこうやって残してもいいじゃないかなあ。

そう思って書いてみました。



 

| ごろごろ | セクシャリティー | 20:33 | comments(6) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:33 | - | - | -
こんにちは。
わたしにとって
そういうサイトというのが
ごろごろさんのブログです。

前から読ませていただいております。
結局私は何も変っておりませんが
少なくともごろごろさんのおかげで
自分の居場所が見つかったような気がします。

お仕事が5年目とあって驚きました。
私のほうが年下のくせに、なんだか感動してしまいます笑
大学生の頃から読み続けて
今は社会人2年目となりました。
ブログが復活されてうれしかったです!

これからも楽しみにしてます!
| S | 2009/08/12 10:50 PM |

ごろごろさん『のびしろのながさ』これからもお願いしますよぉ^^
| etsu | 2009/08/12 11:23 PM |

そうですねぇ〜
閉鎖されてしまうと、そこでの繋がりが寂しいことに切れてしまうことが多いんですよね。。。
ごろごろさんのブログが復活したのを知った時は
本当に嬉しかったですねぇ〜
これからも楽しみにしてます。
| yuu | 2009/08/13 12:23 AM |

こんにちは、いつも読ませていただいてます。
『弟であり、嫁であり』読んでいました。本当に、詩のような、素敵な文章を書かれる方でしたよね。
ごろごろさんのブログを知ったのも、そこのコメント欄からリンクで飛んで…というのがきっかけでした。
もう彼のブログはないですけど、『お気に入り』から消したくなくて残してます。
なんだか切なくて懐かしくて、ついコメントさせていただきました。
| みさ | 2009/08/13 6:56 PM |

わたしにとって、それはごろごろさんのブログです^^ 悩んでいたとき、勇気や共感をもらって前向きな気持ちをもらいました。感謝です(^-^*)
| ひより | 2009/08/20 8:33 AM |

>Sさん
この記事を書いて、自分のブログをそのようにとらえて下さる人がいるなんて思ってもいませんでした。恐縮な反面うれしいですw
時が経つのは速いですね。毎年毎年加速しているんじゃないかと思ってしまいます。
同時に、悩みや苦しみって時間の経過や時代の流れでなんとなるものもあるんだなあと実感してます。
これからも不真面目更新(笑)ですが、よろしくおねがいします。

>etsuさん
月イチになっちゃっても見捨てないでくださいね(爆)

>yuuさん
復活してくれてうれしいだなんて!なんとうれしいお言葉!!!
私、実は「再開だなんて、すごいかっこわる〜。」って思ってました。
なので、ブログ名変えなかったんですよ!
20記事に1個くらいは面白いこと書けるよう、マイペースにがんばります(笑)

>みささん
そうでしたか〜、あのブログからたどってきて下さったんですね。ありがとうございます。
そしてなんだかしんみりきますね。
お気に入り消せないの。私も同じです。
またいつか彼と話がしたいです。

>ひよりさん
いえいや、こちらこそ、そんな風に言って下さって勇気がでます。大感謝です。
ネガティブな事、嫌な所も時には書くと思います。
でも、そういう思いや苦しみをしたことをなかったことにしたくないと思うんです。
そういう思いの上に今があると思うので。
これからもよろしくお願いしますw

| ごろごろ | 2009/08/20 1:42 PM |










http://nobishiro.jugem.jp/trackback/273
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ