のびしろのながさ

ビアンである私の日常
<< 似てくる | main | 危機一髪 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
確かに見慣れてるのよ
今回はちょっときわどい話。
引いたらスミマセン。
そのまま読まなかったことにしといてください。


最近日勤が続いていて、新人のフォローのつく確率が高いです。
いろんな処置やら医師への介助やら病気のことやらを教えます。
で、昨日は尿道に管を入れる(その管から尿を排出させる)処置を教えました。
実際に新人が患者に管を入れようと頑張ってるんですが、なかなか尿道口が分からないみたい。
男性だったら分かるんですが、女性はどこの穴だか分からない。そして見にくい!
まあ、時間はかかりましたが無事挿入できました。患者さんありがとう。そしてどうもスミマセン。
新人が頑張ってる時、ふと、自分が初めてその処置をした時のことを思い出しました。

あれは1年目の夏も終わりの頃。
ドキドキしながら管を入れる準備をしました。
ちゃんと入らなかったらどうしよう。膣にいれちゃったらどうしよう。
いろんな失敗パターンが頭に浮かびます。
先輩に後ろから見守っていてもらいながら、ねらいを定め、管を入れました。

なんと一発挿入!

入ったとたん先輩から
「あんた、やるねえ!上手いじゃん。スゴイスゴイ。」
と、褒められました。
後から聞いた話、その患者さんの尿道口はすごく見つけにくく、先輩でも入れるのが難しい人だったようです。
その人を一発で。おかげで自信がつきました。

だけど、さあ。。。
尿道口を見つけにくい人も確かにいるけれど。。。
見慣れてるかどうかってのもあるような気がしないでもないんだよなあ。。。。(死)

今度、管の挿入がやたらうまい新人がいたら疑ってみよう。。。
| ごろごろ | お仕事 | 11:14 | comments(7) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:14 | - | - | -
ごろごろさん、こんばんは。沖縄人のMetalです。
看護士さんの裏側を見たようでドキドキです!私も以前入院したことがあって、その処置の経験済み(笑)なんですが、私を担当してくださった、スゴク若い!かつ可愛い!看護士さんはとても上手?でした(笑)。もしかして・・・ですかね?
| Metal | 2007/06/30 12:02 AM |

大爆笑しちゃいました(笑)
さらって読んで・・・
ウン???

私も入院も手術も経験しているから
それもされましたが麻酔の効いているうちだったと思うので・・・
果たしてどうだったか(爆)
ただ外したあとの違和感がなかったので一発組かな(爆)
| Kei | 2007/06/30 5:03 PM |

>Metalさん
どうもこんにちはw
そのスゴク可愛い若い看護師が新人であれば可能性高いかもです!
2年目以上だったら結構テキパキできちゃうのでw。
先輩に見てもらいながら挙動不審にやってる看護師が見事に成功してたらこれは疑ってしまいますw

>Keiさん
手術室の人はみんなうまそうですねえ。
何より麻酔効いてて患者さんからのプレッシャーがほとんどないだろうし。
入れた人がどっちだったか気になりますねえ!
| ごろごろ | 2007/07/02 12:48 PM |

おぉ〜 そー言われると あんまキッチリ 形状は把握してないかも(爆) もし、今後 カテーテルしてもらう事があれば ちょっと気にしてしまいそう(≧∀≦)
| キラキラ | 2007/07/03 11:14 AM |

>キラキラさん
でしょ?でもこの見分け方(笑)は新人さんにかぎっての話になりそうです。
| ごろごろ | 2007/07/04 5:52 PM |

はじめまして、泉です。

私も最近コレしだばかりです!
そんな裏事情があったとはっ(笑)
私の場合は院長がキシロカインをつけて
入れてくれました。
抜くときはかなぁり違和感が残りました(涙)

追伸、無事に帰ってこられましたか?
| | 2007/07/16 4:16 PM |

はじめましてw
コメありがとうございます!
院長みずからとは!そしてキシロカインとは!すごいVIPなかんじですね(爆)。
私はされたことないんですが、みんな抜く時気持ち悪そうな顔をしています。

無事、もどれました〜。どうもご心配おかけしました!
| ごろごろ | 2007/07/16 10:31 PM |










http://nobishiro.jugem.jp/trackback/74
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

このページの先頭へ